うつ病や精神疾患でお困りの方及びご家族の方へ

現在の日本社会でのうつ病患者は年々増加し、決してめずらしいご病気ではないです。多くの方が突然罹患する可能性があるかと思います。

 

うつ病になる人は、何事も人まかせにする事なく、几帳面で徹底的にやり遂げる、真面目で責任感のあるタイプの方多いようです。

 

うつ病になった人が会社に勤めていた場合、うつ病になったことにより、その人は体調の悪化により今までお勤めだった会社を休職したり、場合によっては退職してしまうという場合がありますが、そのような状態になりますと、収入がなくなり、生活は不安定になります。

 

健康保険制度があれば「傷病手当金制度」を利用することにより、最大1年6カ月間は、ある程度の収入の補填を受けることが出来るので、当分の間は経済的な面においての心配はないですが、最大で1年6カ月しかお受けいただくことが出来ません。

当然、傷病手当金制度を利用できない方の場合は、療養当初より経済的な支援が必要となります。

 

傷病手当金が打ち切りとなった以後、働くことが出来ない状態の時に、元来責任感の強い傾向にある方がご家族の為に何とか収入を得ないといけない等当然考えることだと感じます。そのことが療養の妨げになる場合もあると考えます。

そういった場合、初診日から1年6カ月経過し、納付要件、認定基準を満たせば、

 

障害年金を受給することが出来ます。
 

障害年金を受給することが出来れば、すべての生活費、治療費をカバー出来なくとも経済的な大きな支えとなることは間違えございません。

 

年金というと、老後の生活を支える「老齢年金」がすぐに思い浮かびますが、現役世代にとっても、不慮のけがや病気などで障害の状態になったとき、(障害年金)が支給されるなど、人生の万が一の時を支える重要な社会保障制度です。

 

これまで納付された(免除の場合含む)年金には、もしもの時の障害年金を受ける権利(納付要件・認定基準があります。)も当然に含まれております。

 

 (上記文章は、私の主観での記載となっておりますことをご了承ください。)

 

 

 

 

 

精神の疾患での障害年金の請求は、他の傷病と比べ数値等はっきり見て取れない分審査機関にご自身の病状をより正確に伝えるかが非常に重要となります。

 

また診断書を主治医に依頼される場合も家庭での日常生活をきちんと伝えることも重要となります。

 

障害年金の審査は面接ではなく、基本的には書類でのみで行われます。

 

 

 

心療内科や精神科で うつ病 であると診断される前に、不眠や頭痛などの症状があり、自宅近くの病院を受診していた場合には、この不眠などで受診した病院が初診の医療機関となり、初診日とされます。

うつ病統合失調症などの症状を訴えて精神科以外の診療科を受診した場合、最初に受診した病院の医師が、「精神科を受診するように」と指示をしたり、精神科のある病院への紹介状を初診の医師が作成したことが条件です。そうでない場合、精神科以外の病院ではなく、精神科を初めて受診した日が初診日と認定されることが多いです。

 

適応障害不安症パニック障害、パニック発作などを含む)や初診では「抑うつ状態」と診断され、その後にうつ病と診断された場合は、断定は当然できませんが、相当因果関係「あり」と考えてよいといえます。これらの場合は、通常、診療期間中に診断名の変更があったと考えられます。

 

 

       診断書見本

2、日常生活能力の判定、3日常生活能力の程度等は、重要な項目となります。

 

主治医の先生に、受診時にご家庭での状況等詳しくお伝えする必要があります。

うつ病とは

 

続きを読む

 

抑うつ気分、抑うつ状態、うつ病

「憂うつである」「気分が落ち込んでいる」などと表現される症状を抑うつ気分といいます。抑うつ状態とは抑うつ気分が強い状態です。うつ状態という用語のほうが日常生活でよく用いられますが、精神医学では抑うつ状態という用語を用いることが多いようです。このようなうつ状態がある程度以上、重症である時、うつ病と呼んでいます。

うつ病の分類

うつ病の分類方法の代表的なものを示します。原因からみて外因性あるいは身体因性、内因性、心因性あるいは性格環境因性と分ける場合があります。身体因性うつ病とは、アルツハイマー型認知症のような脳の病気、甲状腺機能低下症のような体の病気、副腎皮質ステロイドなどの薬剤がうつ状態の原因となっている場合をいいます。
内因性うつ病というのは典型的なうつ病であり、普通は抗うつ薬がよく効きますし、治療しなくても一定期間内によくなるといわれます。ただ、本人の苦しみや自殺の危険などを考えると、早く治療したほうがよいことは言うまでもありません。
躁状態がある場合は、双極性障害と呼びます。
心因性うつ病とは、性格や環境がうつ状態に強く関係している場合です。抑うつ神経症(神経症性抑うつ)と呼ばれることもあり、環境の影響が強い場合は反応性うつ病という言葉もあります。
このような原因を重視したうつ病分類とは異なる視点からの分類が最近、よく用いられています。たとえば、アメリカ精神医学会が出しているDSM-Ⅳという診断基準には「気分障害」という項目があり、それをうつ病性障害と双極性障害に分けています。さらにうつ病性障害の中に、一定の症状の特徴や重症度をもつ大うつ病性障害と、あまり重症でないが長期間持続する気分変調性障害があります。
上記二つの分類法は異なる立場からの分類であり、それぞれに長所と短所があります。時に「内因性うつ病=大うつ病性障害」「抑うつ神経症=気分変調性障害」のように誤解している方がいますが、適切に使い分けることが大切です。

 

 

 

双極性障害とは(躁うつ病)

 

 続きを読む

双極性障害は、精神疾患の中でも気分障害と分類されている疾患のひとつです。うつ状態だけが起こる病気を「うつ病」といいますが、このうつ病とほとんど同じうつ状態に加え、うつ状態とは対極の躁状態も現れ、これらをくりかえす、慢性の病気です。

昔は「躁うつ病」と呼ばれていましたが、現在では両極端な病状が起こるという意味の「双極性障害」と呼んでいます。なお、躁状態だけの場合もないわけではありませんが、経過の中でうつ状態が出てくる場合も多く、躁状態とうつ状態の両方がある場合とはとくに区別せず、やはり双極性障害と呼びます。
双極性障害は、躁状態の程度によって二つに分類されます。
家庭や仕事に重大な支障をきたし、人生に大きな傷跡を残してしまいかねないため、入院が必要になるほどの激しい状態を「躁状態」といいます。一方、はたから見ても明らかに気分が高揚していて、眠らなくても平気で、ふだんより調子がよく、仕事もはかどるけれど、本人も周囲の人もそれほどは困らない程度の状態を「軽躁状態」といいます。
うつ状態に加え、激しい躁状態が起こる双極性障害を「双極I型障害」といいます。うつ状態に加え、軽躁状態が起こる双極性障害を「双極II型障害」といいます。 双極性障害は、精神疾患の中でも治療法や対処法が比較的整っている病気で、薬でコントロールすれば、それまでと変わらない生活をおくることが十分に可能です。しかし放置していると、何度も躁状態とうつ状態を繰り返し、その間に人間関係、社会的信用、仕事や家庭といった人生の基盤が大きく損なわれてしまうのが、この病気の特徴のひとつでもあります。
このように双極性障害は、うつ状態では死にたくなるなど、症状によって生命の危機をもたらす一方、躁状態ではその行動の結果によって社会的生命を脅かす、重大な疾患であると認識されています。

 


 

障害年金の請求や受給についてお困りのときは

 

障害年金請求及び各種年金サポートオフィス

 

『馬場社会保険労務士事務所』へお任せください。