精神の障がい、覚せい剤等の違法薬物の使用

さて本題ですが、給付制限を適用する場合として、故意、故意の犯罪又は重大な過失がある場合が該当し、違法薬物の使用も給付制限の対象となりますが

 

もともと有った精神の障がいにより、判断能力が失われて覚せい剤等の違法薬物の使用に至った場合は、故意等という給付制限の対象とはならないと考えられます。

 

ただし障害の認定は覚せい剤の使用の影響が考慮されます。

 

過去に覚せい剤使用歴が有っても、請求傷病と因果関係が認められない場合は給付制限となりません。

 

シンナーは職種によっては業務上使用する事も当然あり、覚せい剤等の禁止薬物と取り扱いが異なります。